よくあるご質問

よくあるご質問のご紹介です。

  • 冷たい湿布と温かい湿布の使い分け方は?

    打ち身、捻挫など腫れや痛みのある様な急性の炎症に対しては冷湿布を使うのが一般的です。
    慢性の腰痛や肩こりに対しては冷湿布、温湿布どちらでも患者さんの気持ちいいと感じる方を使っていだたければいいと思います。

  • 膝の水を抜くと癖になるとよく聞きますが、ほんとですか?

    まず、患者さんが言う「水」というのは関節液のことです。関節液はあらゆる関節にあり機械で言う油(潤滑油)です。膝に炎症がおこると関節液が増えて、いわゆる水がたまった状態になります。膝の水を抜くと癖になると言うのは全く根拠のないことで、水を抜くからまた溜まるのではなく、炎症が強い場合は一時腫れが引いてもまた溜まる場合があります。癖になるということはなく、水が多く溜まっていると炎症も引きにくいため抜く必要があります。不必要に抜く必要はありませんが、決して水を抜くことが悪いということではありません。

  • サプリメントがテレビでよく宣伝していますが、効果はあるのでしょうか?

    グルコサミン、コンドロイチンについては、軟骨保護作用があり、初期の変形性関節症では効果があるという報告もあります。
    ただ宣伝で言われているような痛みに対する即効性はないと思われます。認可されたものではなく高価ですし、怪しげな商品もありますので購入する際は慎重に選択すべきだと思います。

  • 予約はありますか?

    現在予約診療は行っておりません。
    通常は待ち時間は30分以内で、できるだけ待ち時間が少なくなるよう職員一同努力しています。

  • 他の病院への紹介はしてもらえるのでしょうか?

    当院で診療中の患者さんでより専門的な検査、治療が必要な場合は、積極的に病状に合った専門の病院を紹介します。
    紹介させて頂く場合はこれまでの検査結果とともに紹介状をお渡しします。希望があれば紹介先病院の予約を当院でお取りします。また、通院中の患者さんで他科を受診される場合でも随時紹介いたします。

  • 内科の薬は処方してもらえるでしょうか?

    風邪薬や便秘薬、他医で以前から継続されている薬などは処方させていただいています。
    ただし、当院は整形外科専門のクリニックですので、初診の方、通院中の方かかわらず他科の受診が必要と判断した際は速やかに症状に応じた病院・科を紹介いたします。